製品案内

抵抗式レベル計・LR形

主な用途

圧力タンクや塩酸・硫酸などの各種薬液タンクに最適。

主な特長

抵抗式レベル計・LR形

  • タンク内圧力・温度や液体比重の影響を受けない
  • 目的に合った接液材質の選択が可能
  • 機能・操作性に富んだコントロールユニット
  • 4〜20mA DC出力を標準装備

動作原理


外形図
  図1.フロートの位置とリードスイッチの動作関係                 図2.ステム内の回路構成


本抵抗式液面指示警報計センサは、内部にマグネットが固定されたフロートと、磁気駆動式であるリードスイッチと抵抗器が多数個、等間隔に配列された基板が封入されたステムで構成されています。

液面上昇にともなってフロートが上昇すると、Aの状態→Bの状態→Cの状態へ移ります。
その時A(2個)→B(3個)→C(2個)の順でリードスイッチが動作します。
(液面下降の場合はC→B→Aの順に動作します。)
従って、フロートの位置に対応した合成抵抗値の変化を得ることができ、図2の内部回路の1―2間に一定電流を流すことにより、この変化にともなった電圧を1―2間に得ることができます。

 

仕様詳細ページへ(PDF) カタログダウンロード(PDF) 取扱説明書ダウンロード


商品に関するお問い合わせはこちらから。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ


事務所所在地 サイトマップ English