製品案内
HOME | 製品案内 | 連続式レベルセンサ : 連続式レベル計 |ガイドウェーブレーダーレベル計SLG250/260シリーズ

ガイドウェーブレーダーレベル計・SLG250/260シリーズ

主な用途

液体および粉体のレベル計測や容量計測に最適。また、液体の界面計測も可能。

主な特長

ガイドウェーブレーダーレベル計SLG250/260シリーズ

  • 電波を放射することなく電磁界の 広がりも少ないため、狭い場所への設置が可能
  • 非常に低い比誘電率(εr≧1.4:同軸タイプ)の計測が可能
  • 様々なプローブバリエーションにより、多彩なアプリケーションに対応
  • 2線式のため、配線コストの削減が可能
  • 表示部は、操作性に優れたバックライト機能を搭載した日本語表示

動作原理

時間領域反射率測定法(TDR;Time Domain Reflectometry)を採用しています。
プローブ上端から下に向けて発射された高周波信号は、プローブ(ロッドまたはケーブル)に沿って進み、測定物表面で反射します。反射した信号はプローブを逆行し、センサで受信されます。センサは反射してから受信するまでにかかった時間をレベルに換算し、出力します。

動作原理:ガイドウェーブレーダーレベル計SLG250シリーズ動作原理図

仕様詳細ページへ(PDF)カタログダウンロード(PDF)取扱説明書ダウンロード

マイクロウエーブ式レベル計総合ガイド(PDF)


商品に関するお問い合わせはこちらから。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ


事務所所在地 サイトマップ English