製品案内
HOME | 製品案内 | レベルスイッチ : 液体用ポイント式レベルセンサ| 導電率式レベルセンサ・MT10形

導電率式レベルセンサ・MT10形

主な用途

マンホール形式ポンプ場、中継ポンプ場のポンプコントロールに最適。

主な特長

  • スカム等の付着物に対し安定した動作
    電子回路にシーケンス回路等を内蔵したリレーユニット (RE9000形)により、液中のスカムや浮遊物等の付着に 対し、殆ど影響を受けません。
  • 抜群の耐久性
    センサには可動部がないため、耐久性に優れています。
  • 使用し易いリレーユニット
    クリーナ及びブラケットを使用することにより、センサの取付が簡単に行えます。
  • 取扱簡単
    リレーユニット:RE9000形の感度調整用ディップスイッチにより、様々な液体への対応が可能です。
    (検出感度 ; 1kΩ〜80kΩ)

動作原理

動作原理
センサ電極とアース間の導電率で測定するため、FRP等の 樹脂タンクの場合は、別途アース電極を必要とします。

電極に測定液が接触すると、測定液が回路の一部となり電流が流れレベルを検知します。
測定の際、液体の電気抵抗を直接検知し、設定した抵抗値より大きいか小さいかによって、液面の有無を判断します。  一対の絶縁された電極に交流電圧を印加し、電極が接触していない状態では電極間に電流は流れませんが、電極 が接液している状態では電流が流れ、増幅回路に信号を送り、接点を出力します。

 

仕様詳細ページへ(PDF) カタログダウンロード(PDF) 取扱説明書ダウンロード

商品に関するお問い合わせはこちらから。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ


事務所所在地 サイトマップ English