製品案内

回転式ビンレベラー・R7形

主な用途

プラスチック合理化機器や穀物処理機械などに最適。

主な特長

回転式ビンレベラー・R7形
EU規格

  • 超小形
    超小型モーターを採用し、主要部品も樹脂成形品で設計されていますので、小形で軽量です。
  • トルク調整が簡単
    カバーをはずしてスプリングの位置を変えるだけで最適なトルク調整が行えます。
  • スリップ機構を内蔵
    特に耐久性に優れたマグネット式スリップ機構を採用しているため感知羽根に無理な力が加わってもモーターが破損することはありません。
  • 点検が容易
    ホッパーに本体を取付たまま内部機構部を簡単に取り外すことができ、保守点検が容易に行えます。

動作原理

回転式レベルスイッチは、ホッパー内に挿入されたパドルがゆっくり回転運動をしながら粉体の有無を検出する方式の粉体用レベルスイッチです。

パドルの周囲に粉粒体が存在しない場合

モータにスリップ機構を介して連結されたスピンドルおよびパドルが、モータの回転により低速度で回転運動を行います。

パドルの周囲に粉粒体が存在する場合

パドル周囲の粉粒体によりパドルの回転が妨げられ、モータ本体がスピンドル軸を中心に自転し、モータに取り付けられたピンにより信号用マイクロスイッチがON、モータ用マイクロスイッチをOFFさせ、外部に信号を出すと共にモータの回転を停止させます。

復帰

粉粒体を検出して停止した状態から粉粒体がなくなると、スプリングの力によりモータに取り付けられたピンの位置がもとの状態に戻り、マイクロスイッチを復帰させモータが動作し、パドルが再び回転運動を始めます。

スリップ機構

流下現象などによりパドルに無理な力が加わり、スピンドルが強制回転してもモータ軸とスピンドル連結部のスリップ機構により、 スピンドルの強制回転がスリップし、強制回転力はモータ軸には伝わらず、モータ破損の保護をします。

 

仕様詳細ページへ(PDF) カタログダウンロード(PDF) 取扱説明書ダウンロード

商品に関するお問い合わせはこちらから。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ


事務所所在地 サイトマップ English