製品案内
HOME | 製品案内 |  レベルスイッチ : 粉体用ポイント式レベルセンサ | パルス振動式レベルセンサ・VF形

パルス振動式レベルセンサ・VF形

主な用途

中型・大型ホッパの下限検出に最適。(設置例

主な特長

パルス振動式レベルセンサ・VF形

  • 振動板厚み1oのフラットタイプ
  • 堅牢性で強い衝撃性を実現
  • 簡単取付
  • 「パルス振動方式」の動作原理を採用
  • 幅広い感度設定が可能
  • フェールセーフスイッチ搭載
  • 便利なフリー電源
  • 分離距離は最大200mを実現(VFSシリーズ)

動作原理

振動板内に設けたマグネットに電磁石によるパルス磁界を与えることにより、振動板を振動させます。
検出部に粉体がある場合とない場合の振動減衰率を電磁石に発生する誘起電圧として検知し、粉粒体の有無を検出します。

動作原理

検出部に粉粒体がない場合

  • 振動板内に設けた電磁石に交流電流を加えると、動作周波数で振動する。
  • マグネットの磁界変化により電磁石に反発する逆起電力は最大になる。
  • 検出部が粉粒体がないことを判断。

検出部に粉粒体がない場合

  • 振動板内に設けた電磁石に交流電流を加えても、動作周波数で振動しない。
  • 電磁石に対してマグネットが静止しているために逆起電力は発生しない。
  • 検出部に粉粒体があることを判断。

ハウジング内部

一体形

 

分離形

 

仕様詳細ページへ(PDF) カタログダウンロード(PDF) 取扱説明書ダウンロード

商品に関するお問い合わせはこちらから。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ


事務所所在地 サイトマップ English