製品案内

フロート式レベルセンサ
FS形

  • レベルスイッチ
  • 液体用 フロート式

主な用途

油圧ユニットやボイラー用燃料サービスタンクなどに最適。

フロート式レベルセンサ イメージ画像

主な特長

1台で油面の上下限制御が可能

制御幅を自由に設定することが可能。

自己保持機能付き。

電磁弁などの大容量の負荷を直接駆動することが可能。

動作原理

液面の変化に応じて上下するフロートの重力および浮力によりマイクロスイッチの開閉を行うもので、水位設定用の上下2個のストッパの位置は自由に設定できます。

上の図は液面がフロートより下に位置する場合を示し、フロート質量のためシャフトは下に下がってマイクロスイッチはOFFの状態にあります。

液面が上昇して、フロートが下限用ストッパから離れてもシャフトはその状態を維持し、更に液面が上昇してフロートの浮力が上限ストッパに加わると、ロッドおよびシャフトは持ち上げられて、マイクロスイッチはONとなります。

次に液面が下降して、フロートの質量が下限ストッパに加わるまで、マイクロスイッチはON状態を維持します。 このように上限と下限の間で自己保持が働くのは、応差の大きなマイクロスイッチを使用しているからです。

なお、スプリングはロッドの重さを支えると同時に、マイクロスイッチの動作質量のバラツキを調節する役目をしております。

資料

仕様詳細
仕様詳細
カタログ
カタログ
取扱説明書会員限定
取扱説明書

製品に関するお問い合わせ:
0120-175-475

受付時間:
平日 09:00-17:30(年末年始及び祝日を除く)