製品案内

レベルプリセッタ
PS7000形

  • その他・補器
  • ユニット

主な用途

あらゆる計装・制御システムの高精度多点警報設定器に最適。(プラグインタイプのみ)

レベルプリセッタ イメージ画像

主な特長

電流信号(4~20mA DC)電圧信号は(1~5VDC、0~5V DC、0~10V DC)のご指定の入力信号で製作可能。

電源電圧は90~132V/180~264V AC、50/60Hz

設定値は、0~10V DCに(0~100%に対応)変換されモニター端子出力されるため、警報設定が容易で高精度に行えます。

動作原理

各種の入力信号を所定の電圧信号に変換し、次段に送ります。

出力は、警報リレー接点であり、上限用、下限用の合計2点あり、

上限用接点は、警報設定ボリウムにて設定された値より入力信号が高い時、

下限用接点は、警報設定ボリウムにて設定された値より入力信号が低い時、各々の警報が独立して出力されます。警報接点出力中は前面パネルの警報動作ランプが点灯し、警報の確認が容易に行えます。

製品に関するお問い合わせ:
0120-175-475

受付時間:
平日 09:00-17:30(年末年始及び祝日を除く)